2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お花が届きました!

こんなキレイなお花が届きました!

s-IMG_0555.jpg


22時過ぎに家の前にトラックの止まる音がする。

こんな時間に配達してくるんだ~どこに配達だろう?
って思ってると、「ピンポーン!」うちだ!

何も頼んでないはずだけど...

ドアを開けるまで頭フル回転中・・・

「あっ!」

・・・・・・・・・

母の日のプレゼント配達先、入力した記憶がない。

それだ・・・

ドアを開けると配達員が大きな箱を持って立ってました。

箱を開けるとキレイな花が入ってました。

すぐさま、また同じ業者に買いの入力を!
間に合ったみたい。
今度はちゃんと住所を入力して...

まぁキレイだからいいか。
ちなみにお花は、色が変わっていくアジサイです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008萩往還を振り返る

萩往還を振り返る

◇疲労、ダメージ
  やっぱり足の筋肉痛多し
  なぜか一番の筋肉痛は上腕二頭筋  なんで?
  両足小指がちょっと腫れていて痛い。爪はなんとか大丈夫か

◇参加賞
  ロングT、ソックス、軍手
  シャツはロングなんですね。部屋着かな...
 s-IMG_0548.jpg
 s-IMG_0549.jpg

◇完踏賞
  どの部門でもコレみたいですね。
  70kmで完踏はおこがましい。なんか差別化すればいいのに。
 s-IMG_0550.jpg

◇エイド
  季節がら距離の割りに少ない印象がありますが、マラニックだし
  タイム競うものでもないので、丁度いいんでしょう。
  ゴールデンウィークにやってくれるだけでもありがたいですね。
  エイドの人達はとても親切で暖かったです。

◇応援
  極めて少ないですね。大会自体を知らない人が多いんでしょう。
  山口出身で35歳を超えていますが、3年前まではこの大会知りませんでした。
  各県から大勢の参加者がいる割には、地元での認知度が低いですね。
  その代わり、参加者同士の声の掛け合い、エール交換はとても多いです。
  辛い状況を共有する同志という感情が生まれるんでしょうね。

◇選手一覧
  年齢、詳細住所までバッチリ掲載されている...
  これはちょっとまずくないですか?

◇鉄人
  萩からの往路で夏蜜柑がいっぱいの袋をさげて歩いてるランナーが!
  萩からでももう結構の距離、しかもまだ相当距離があるのに提げて帰るのか!
  お土産なんだろうな。
  でも、そんな重いもの買って帰らなくても。
  萩では夏蜜柑ひと盛り100円で売ってました。

| Race | 23時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008萩往還マラニック大会

第20回萩往還70kmの部に参加してきました。
秘かに目論んでいた8時間切りは出来なかったけど、疲労も少なく無事完走出来ました。

70kmの部は、朝6:00からのウェーブスタート、遠征費を安く上げるために
前泊はせずに当日1:30起床、2:30出発、4:00山口市到着の強行軍でした。
初めての参加のうえ、到着は夜明け前、勝手が分からず苦労しました(;´▽`A``
勝手が分からない初心者にはちょっと敷居の高い大会のような気がします。

6:20分ぐらいから70kmのウェーブスタートが始まりました。
その前にtakaba13さんに見つけてもらい一安心(^・^)
ストレッチをしながらスタートまでお話をしてました。
結局takeba13さんは最後から1つ前の組からスタートで、私は最後の組のスタートと
なりました。
道もよく分からないので、先行してる人が多く居れば安心と思ってました。
しかし、実際は先行者が沢山いるとそれだけ抜くのに余分な体力つかうので
意味のないことでした。
70kmの部以外ににも先にスタートしている35kmの部や歩け歩けの部の方が
沢山いるので道に迷うことはほとんどありませんでした。

70kmの比較的長い道のりだからかスタートからみんな超スロースタート。
割と簡単に前の組のtakeba13さんに追いつきました。
ここから往路はずっと一緒に走りました。
往路は道が分からないので流れにのって行けたらと思ってましたが、やっぱり
周囲のペースはゆっくり目。
自分のペースで走らないのも疲れそうなので、心拍数が上がらない程度の
ペースで走りました。
それでもやっぱり下りはスピードが出るし、ペースの違うランナーがいるので
抜く快感もあってかオーバーペースと感じる箇所が何度かありました。
そう感じたらすぐにペースを落すべきでした。
その辺が長い距離を走ってない経験の無さかなと、反省してます。

途中アゼさんとすれ違ったのも気付かず、残念。
部によって通るコースが違う箇所だったので道ばかり気にしてました。

折り返し地点の萩城跡には、3:30で到着。
想定よりもかなり速い。
歩かなければ進めないコースも多数でエイドも寄ってこのタイムは
35kmといえど復路を考えるとやっぱりちょっと速すぎました。

折り返し地点で簡単な弁当をもらうもほとんど食べられず、もう固形は
受付ないようになってました。
この萩に入ってからやけに体温が上昇している感じを受けました。
実際、日陰もないし天気がよかったので気温は上がっていたのでしょうが
それにしてもずっと暑いと感じてました。

30分ほどで折り返し地点を出発して復路へ。
出発してすぐにトイレに行ってない事を思い出し、
すぐにあった駅のトイレですっきり☆
すっきりしたはずなのに足取りは重い。
薄曇だったので直射日光はあまり感じませんが、体内ひ熱がこもってる
感じがすごくてウェアのジップをかなり下げて走ってました。

道の駅のエイド前ぐらいからtakeba13さんのペースで走れなくなり
先行してもらいました。
まだ残り30km近くある時点から歩き始めてしまい、もうダメかなと
ちょっと諦めモードへ。
往路は気付かなかったんですが復路になってシューズの中で足が
あまりにも自由に動いてることが判明。
もともと通勤ラン用に使用していたCS2だったのですぐに脱ぎ履きが
出来るように緩めにヒモを締めていたのが悪かったようです。
この時点ですでに両足の小指が痛くなっており、昨年しまなみの
悪夢が蘇る。また爪生え変わるのかな・・・
シューズのヒモを締めなおし走り始める。
平地では小指の痛さを感じなくなり、やっと走り始める。

15kmほど一人旅をしましたが、残り15kmのエイドでtakeba13さんを発見!
往路で痛めた足首が痛くて走れなくなってたようです。
私はエイドの直前の自販機でコーラを入手することが出来て回復傾向に
あったので、走ってしまいました。
takeba13さん足相当痛かったんですね。
翌日足は腫れたようで、無理させてしまいましたね。すみませんでした。

ここからは残り15kmとは思えないほど長く感じました。
傾斜の緩やかな箇所では軽く走り、きついところでは歩いて進みました。
この15km3時間くらいかかってます(笑)
平地ではありえませんね。
でもこの15km歩くのは辛かったですが、takeba13さんとずっと話をしていて
楽しかったです。一人だとただ辛い印象しか残らなかったでしょう。
あと新緑が眩しいほどに萌えていて自然を楽しむことが出来たのもよかった。

結局9時間ちょっとで70kmを完走。
目標タイムとは、かなりかけ離れたものでしたが、現状を把握出来たのと
暑さという弱点も改めて分かったことが収穫でしょうか。
takeba13さんとも親睦を深めることが出来たのも大きな収穫です。

ゴールすると140kmを完踏されたアゼさんがいらっしゃいました。
寝ずに140kmを走られたのに疲れた感じがなくて、活き活きとした感じさえ
受け取れました。やっぱり140km、250kmに挑む人はスタミナが違います。
これまた140kmのピロピロさんが制限時間内に完踏されました。
みなさんお疲れ様でした。

来年は140kmどうするかなぁ。

| Race | 21時54分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。